HOME>トピックス>妊娠中の肌のお手入れをすれば妊娠線は軽減できる

妊娠線が出来る理由

クリーム

妊娠すると大抵の妊婦は妊娠線が出ます。お腹の周りにミミズのような妊娠線。どうして妊娠線が出来るのでしょうか。それは急激に大きくなったお腹の皮膚がいっぱいに伸ばされるからです。皮膚は表皮と真皮、皮下組織から出来ています。表皮は伸びやすいですが真皮と皮下組織は伸びにくい為、お腹が大きくなる時にひび割れを起こしてしまいます。また妊娠中は皮膚のコラーゲンも減少するので肌の潤いやハリも少なくなります。肌が乾燥してしまうためにお腹の周りにひび割れが出来てしまいます。体のホルモンバランスも変化するので肌も乾燥しがちです。そのために妊娠線が出やすいのです。そこで妊娠線予防クリームを使用して肌ケアする事が重要です。

ボディケアの重要性とは

妊娠中は肌が乾燥しやすいので妊娠線予防クリームは油分が多めで潤いを与えてくれるものがベストです。肌が敏感になっている妊娠中なので低刺激性で肌に優しい妊娠線予防クリームを使用しましょう。またつわりがある人には香料が無添加な製品を選んだ方が良いでしょう。重要なのは妊娠線予防クリームに含まれている成分の確認です。妊娠5ヶ月位の安定期からケアし始めるのがお勧めです。クリームを使うタイミングですが、入浴後の肌が清潔で柔らかい時にマッサージしながらお腹に優しく塗りましょう。できれば朝晩1日2回行うと良いでしょう。またお腹が張るようならばマッサージは控えましょう。

広告募集中